布ナプキンの吸収力

布ナプキンの吸収力はどれくらい

実際の布ナプキンの吸収力

今まで紙ナプキンを使っていたのですが、かぶれやすいのが大きな悩みでした。どうにかしたいと思っていろいろ考えて、布ナプキンを使ってみようかと検討しています。しかし、量が多い方なので、きちんと吸収するのかどうかが不安です。

これまでずっと紙ナプキンを使って来たので、布ナプキンにいきなり切り替えられるかどうかという点でも、やや不安を感じています。使い方も布ナプキンと紙ナプキンとでは異なるため、慣れるのに時間がかかりそうです。布ナプキンにもいろいろと種類があるようで、紙ナプキンと大きく変わらない使い方で済むものもあります。そういった布ナプキンなら、慣れていなくても大丈夫そうです。

また、完全に紙ナプキンから布ナプキンに変えなくても、布ナプキンと紙ナプキンを併用して使ったりするのもいいと思います。生理が始まったくらいの日と、終わるくらいの日だけ布ナプキンを使うのなら大丈夫そうです。最初は試しに使ってみるくらいで、良さそうだったら布ナプキンを選ぶというやり方を考えています。

まず、紙ナプキンと布ナプキンの違いを比べてみると、紙ナプキンは使い捨てです。そのため手間がかかりません。これに対して布ナプキンは洗って何度も使えます。洗う手間がかかるのが、やや面倒に感じてしまうかも知れません。紙ナプキンでかぶれてしまうのは、ポリエチレンなどの石油素材を使用しているためです。布ナプキンなら、主に綿を使用しています。天然素材を使用している布ナプキンもあります。そのため、肌に優しくかぶれにくいのです。

布ナプキンは漏れそうという不安を抱いている人が多く私もそうなのですが、吸収力は確かに紙ナプキンよりも劣ります。紙ナプキンには高吸収ポリマーという吸収体が使用されているのです。そのため非常に高い吸収力があります。これに対して布ナプキンは布の素材本来が持つ吸収力だけで経血を吸収しているのです。防水性に関しては、紙ナプキンはビニールを使用しているため万全ですが、通気性が悪くニオイが発生しやすいのが特徴として挙げられます。蒸れてしまうこともあるでしょう。布ナプキンはショーツに触れる面には防水布を使用しています。紙ナプキンほどではないですが、防水に関しては問題ありません。吸水力が弱いことに関しても、交換頻度を守れば大丈夫でしょう。

今まで布ナプキンを使ったことがないため、使い方に関してもやや不安に思うことがありますが、紙ナプキンとそれほど大きな違いはないようです。テープで固定するかボタンやマジックテープで固定するかくらいの違いがあるくらいで、同じようにして使えます。下着の幅などに合わせて位置を調整できるようになっているため、慣れればむしろ布ナプキンの方が使いやすいかも知れません。洗うのが大変そうですが、布ナプキン専用の洗剤もあるようです。布ナプキンは洗って使い回すことで、5年くらい使えます。金額的にも使い捨ての紙ナプキンを使い続けるよりは、安く済むようです。ゴミも出ないため、地球環境にも優しいと思います。

布ナプキンにも種類がいくつかあり、中には漏れにくい構造のものもあります。プレーンタイプのものや、厚手のものを使えば、漏れる心配はほぼありません。重ねて使えるようになっているタイプのものを夜用の布ナプキンもあります。最初のうちは、自宅にいるときだけ使って慣らして行くと良さそうです。早速今度布ナプキンを買ってみようと思います。